最新の販売管理システム|飲食店は集客の方法で売り上げが左右する!

飲食店は集客の方法で売り上げが左右する!

ウーマン

最新の販売管理システム

レジ

商品の販売管理に役立つPOSは従来、レジにシステムを導入するケースが多かったものです。レジ打ちをすると同時に必要なデータを入力し、一つの商品の購入に関わる情報を入れることで仕入れや陳列を工夫できるというものです。けれどもPOSシステムは進化を続けて、パブレットを利用するものとなっています。レジ打ちの間で入力できる情報は限られます。それほどの時間をかけることができないからですが、タブレットを使うことでさらに多くの情報を入力できます。例えば接客時における注意点などを入力することで、その品質を向上させることができます。さらに端末を使うことで複数の店舗で入力される情報を一元に集めることも可能となります。

POSシステムは売り上げを伸ばすことが目的のシステムです。その方法はこれまでは、商品をどのように扱うかに重点が置かれていたものです。けれどもタブレットのような端末を利用することによって、分析できるデータの種類は増えています。商品のみから接客の品質向上につながるようなデータを集めることができるようになっているわけです。例えばレジのPOSでは新規の顧客か常連客かの判別はできないものです。けれどもテーブルへ注文を受ける接客の中で、得られる情報が多くあります。新規顧客であればどんなメニューを好むのかなど、細かなデータを収集することができます。それを分析することにより、メニューにおすすめ料理を提示するなどの工夫ができるようになります。